blog

よく聞かれることシリーズVol.1 「中高生にエシカルファッションを広めるには」

「中高生にエシカルファッションを広めるにはどうしたらいいでしょうか?」

本当に良く聞かれますが、難しいトピックですよね。ただ、こうして若い方に(この質問を頂くのはほぼ100%中高生当事者です)質問を頂くこと自体、ずいぶん若い人に広まったよねと、私達は実は切実な悩みを前に失礼ながらにんまりしているのですが・・・。ほんの5年前は中高生にこんな質問されることなんてなかったんですよ。

ー以下中高生向けに書きます!海千山千(?)の皆様も初心にかえって読んでみてくださいー

さて、オーガニックコットン、伝統産業、フェアトレード、アップサイクル・・・と代表的なエシカルファッションのアイテムは、さすがに中高生が買うにはデザインも大人向けだしなにより高いかもしれません。大体こういったものづくりをしているクリエイターたちはたくさんの労力をかけて少量生産をしていく人たちが多い(大量生産して価格を下げるということをしない)ので、どうしても想定するお客様はいいものには数万円でもお金を使う!という方々になります。ということで「エシカルって高・・だめじゃん」と考えるより、「想定するお客様像がこんな感じなんだなぁ」と思ってもらえれば嬉しいです。

そう言われても、という感じだと思うので実際どうすりゃいいの、というのを私個人の見解で提案するとすれば・・・。

中高生の皆さんが着ていると思われるファストファッション。わたしたちはファストファッションを悪者扱いするつもりはありません。安いしかわいいし、そりゃ買いますよ。ただ、安いとはいえど服を作る過程は他とさほど変わりません。コットンだったら綿畑の土づくり・栽培からはじまり、収穫のあと葉っぱやゴミの混ざった綿から不純物を取り除き、撚って、織って、染めて、運んで、切って、縫って、ボタンや資材をつけて、アイロンをかけて、梱包して、また運んで・・・・このプロセスが世界各地を転々としながら踏まれ、一着の服が私達の手に届きます。

まず、服を買うときにこの服がたどってきた軌跡を少しイメージすること。別に苦労してる人をイメージしましょうなんて重い感じじゃなくて(それじゃショッピングが苦痛だわ)、元々畑から来たんだなーとか、内側のタグに書いてある「MADE IN 〜〜」の国名を確認するだけでもOK。それだけでちょっと視点が広がります。そうするときっとだんだん本当に欲しいものしか買わなくなり、大事に着ようと言う気になるはず。そうして洋服を買ったら、なるべく大切に長く着ること。服を買うこと、おしゃれをすることを一段深いところで楽しみましょう。

これでお金をかけずに実践。ファストファッションより割高なエシカルアイテムを買うのは将来社会人になった後でも構いません。あとは古着やリサイクルショップを活用するのも楽しいですよ。それから最近は安いファッションレンタルサービスもあるし(これは私がいま自分でお試し中!あとでレポートします)。

そして学生からよく聞くのが、サステナブルファッションに興味のない友達に説明するのが大変とのこと。「なにそれよくわかんない」「意識高っ」と言われたら、人権問題や環境問題のハナシをする前に、自分が楽しく気軽に実践しているところをさりげなく見せてみましょう。

ということで、知識は身につけつつもあまり深く考えず、完璧になろうなんて考えは早々に捨てて、サステナブルファッションを今後の楽しいライフスタイルの一部にしていってもらえればと思います。参考になれば嬉しいです!

ーーーー

今後もこの「よく聞かれること」シリーズは何らかの形で続けていこうと思います。他のトピックは、

[エシカルファッション全般についてよく聞かれること]
エシカルファッションは高いので難しいです。どうしたらいいでしょうか
でもファストファッションがなくなったらバングラの人たちは困るんじゃないですか?
エシカルこわいと思われてる問題(入っていきづらい、頭いい人に食われそう、強制されそう)
etc.

[INHEELSまたは代表岡田個人についてよく聞かれること]
コンサルを辞めてロンドンへ行ったときの思いは?
エシカルファッションに興味をもったきっかけは
INHEELSを起業したきっかけは
起業して一番大変なことは
デザインをどう決めていますか
エシカルファッションを実践するにあたってのハードルは
カンボジアだのネパールだの、まず日本でやることあるだろ
実生活での変化は
服を長く着るためにどうしてますか
INHEELSの目標は
etc.

おたのしみに。