blog

服の未来を考える。ファッションレボリューションウィーク2018

皆さん、ゴールデンウィークももうすぐ終わりですね・・・。私は家族で伊勢神宮に行ってきました!事前に祭神、天照大神の神話をあらゆる神話マニアのブログで勉強させて頂いてからいったら感動しましたよ。ものすごく混んでいたけれど、シンプルな作りと古代の森の凛とした空気に触れていると、人ごみの中でも水面のようなとっても落ち着いた気持ちになっていくのでした。まだ行ったことのない人にはおすすめです!今度は空いていそうな時期に一人でひっそり行きたいなぁ。

 

さて、このゴールデンウィークの前にはファッションレボリューションジャパンのイベント、「服から未来を考える」をカントリーチームとして主催しました。スタッフインターン合わせて100名程の参加者の皆様、本当にどうもありがとうございました!

 

 

INHEELSと鎌田安里紗さんが主催の勉強会「めぐるファッションラボ」のダイジェスト版で講義&ディスカッション(普段は2日まるまるの内容の大事なところを90分に凝縮。それからいつもより10%くらい早口でしゃべることによって更に詰め込む笑)、ファストファッションの裏側を暴いた少しショッキングなドキュメンタリー映画「THE TRUE COST」の上映とモデルで複数のエシカルファッションの顔となっているサンドバーグ直美さん、ファストファッションブランドで働いた経験とともに発信を続けるTomoomi さんをゲストに迎えたトークショー、絵本作家で服を10年買わないチャレンジをしたどいかやさんのトークショー、 服の交換会SWAQという盛りだくさんの内容でお届けしました。

 

 

 

(当日のもよう。グループワークで発言の機会も増えます。自分で発した言葉に驚くことも!)

 

皆さん本当に真面目に考えていて、もっと知りたい!という気持ちがめぐるやトークショーで登壇していた私には波のように押し寄せました。データを大切にするめぐるファッションラボのプレゼンテーションの後では、その後の調査用に数値の出所を個別に質問してくる方が沢山いておう、みんな本気だ・・・と思いました。

 

 


(おやつにはフェアトレードジャムを使ったビクトリアケーキ。)

(服の交換会SWAQ会場はかわいいショップさながら。いらないものと交換で持って帰れるから楽しい。私はインドの柄がかわいいワンピースと、Zaraのホワイトのパンツを持って帰りました!)

 

 

そんな真面目な方々がドキュメンタリー「THE TRUE COST」を観ると罪悪感でいっぱいになって辛くなってしまうんじゃないか?ファッションが楽しいものだということは忘れないでほしい・・・と思い、イベントでは全体的にちょっと「ゆるめの」情報を意識的にちりばめました。「ゆるめ」というのは、「ファストファッション、悪いって言われたって安いし可愛いし、学生でお金ないし、そりゃ買うよね。」だったり「フェアトレードでもエシカルでもなくても、好きだったら買うよね」とか。それに加えてもちろん「エシカルはストイックにつきつめてもいいけど、服の新たな楽しみ方として気楽にいきましょうよ」「服に愛着を持って長く着られたら毎日楽しいよね」とか「着ない服をリメイクすると、新しい服買ったみたいにうきうきするからおすすめ!」とか。もう耳が痛くなるほど聞いた「ファストファッションは人と環境を苦しめている。それを買う私達消費者も、加害者のひとり」という身につまされるメッセージは最小限にして。

 

 

要するに、エシカルファッションは複雑だけど、楽しいもの!制限ではなくて、気楽に楽しむもの。どいかやさんのトークショーで登壇していた鎌田安里紗ちゃんは、私がここ5−6年でちょくちょくお披露目するリメイク術を「ゆかさんのリメイクを見て、あ、結構雑でいいんだ〜と思いました笑」とか言ってました。そう、私のリメイクは ①ガウチョパンツの後にワイドパンツが流行ったとき、ガウチョの裾にシーチング(店舗で夜商品を守るためにかける薄い布)を手縫いで付けてそのままワイドパンツとしたり、 ②お店のディスプレーに使ったフェイクファー生地のあまり(切ったらなんだか長いものがとれた)をそのままマフラーにしたり ③水シミを作ってしまった革のシューズをペンでペイントして復活させたり、けっこう雑!(でも特に③の靴の仕上がりには大満足。みてみて〜)

 

 

 

もちろん余裕と勢いのあるときには通常のコットンよりもオーガニックを買ってほしい。出所がわからないものよりもフェアトレードで大切に作られたものを買ってほしい。特にINHEELSを

 

そしてそうでもないな、というときは単に服を大切に着たり、気軽にリメイクしてみたりしながら、次の世代に誇れる等身大でクリエイティブで美しいファッションを作っていこう、という気になってもらえたのなら大成功。

 

参加者やイベントインターンの皆さんに会えてほんとうに楽しかったです!
ファッションレボリューションは毎年4月。

 

それでは、また来年!

 

INHEELS 岡田